スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


日本×UAE 


W杯予選前の調整として行われた今回の試合。
勝つのは当然として五輪世代から選抜された選手がA代表でどれほどの動きを見せるのか、ウズベキスタンを想定して行った練習の成果を発揮できるかなどの課題を抱えて臨んだ試合でした。

全体的に見て日本の攻めが続く展開が多かったですね。
前半、両サイドから低めのボールを遠めにだすパスやグラウンダーのパスで多くのチャンスを作りました。
フリーキックは俊輔は蹴らないだろうと言われてましたが、いつもどおりに俊輔が蹴って素晴らしいシュートを見せてくれました。
前半で支配率が日本:65 UAE:35と圧倒的でした。
後半も立ち上がりからしっかりと攻めた日本。決定的なチャンスをいくつもつくるけど得点にはいたらず。
流れが変わったのは後半27分。
後半25分に途中交代で入ったA代表初出場の香川が決めて日本が先制!!
流れをつかんだかと思いましたが、そうはいきませんでした。

わずか5分後にUAEがカウンターで仕掛け、ペナルティエリア手前からのシュート。
ボールは日本のDF陣にあたり軌道がかわってそのままゴールへ。これで1-1の同点となったのです。
先制点を決めてからの5分~10分はものすごく大事なのにここで崩されてしまった。
集中力を切らしてしまったのでしょうか。バーレーン戦同様いたい場面での失点です。

日本は巻・佐藤の2人を投入してなんとかゴールをもぎとろうとするも結局奪えず・・・・。
1-1で試合終了。ウズベキスタン戦を前にしていろいろ課題・問題が残った試合になってしまいました。

スポンサーサイト


[2008/10/10 19:00] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thetsudan.blog84.fc2.com/tb.php/226-21eb23e0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。